親が太っていると太る?

「親が太っていると、その子供も太っている」とする説は本当でしょうか?
もし本当だとしたらそれは、遺伝だから仕方の無い事なのでしょうか?

外出先などで、親子全員太っている家族をみかける事もありますよね。
ところが、親が細くて子供だけ太っている家族となるとそうそう見かけるものではありませんね。
なぜだと思いますか?

ここには、遺伝以外にも生活習慣(環境)が大きく関わってきます。

太っている人の多くには、共通している生活習慣があります。

それはまず、お腹が空いた時にいつでも食べられるようにお菓子などを常備しています。
そして、眠くなったら好きな時間に眠ります。
さらに自分の好きな食べ物(たいてい脂っこいもの)ばかりを料理して食べることが多い、
などの太りやすい生活習慣です。

このような環境で一緒に生活しているわけですから、
遺伝的には太る因子がなかったとしても子供の体型に影響を及ぼすものであることは容易に想像できますね。
これらの環境はいずれも食事に関係しているので、どちらかと言うと父親よりも母親の影響が大きいかもしれません。

また、子供たちは食生活だけでなく日常生活のパターンを真似する傾向があります。
それも、息子なら父親、娘なら母親を真似しやすいわけです。
ですから肥満は「母親と娘」「父親と息子」という強い関係性が生まれている事例が多いのではないかとも言われています。

だからと言って、もちろん太っている親の子供は100%太っているわけではありませんよね。
「子供を太らせたくない」と思って、生活習慣を見直す親もいるかもしれません。
または子供が成長して、自分自身で自己管理できるようになるとそこから先は自己責任になります。

「親が太っている」事を理由にしてダイエットをあきらめていませんか?
生活習慣を改善するのは勇気のいる事ですが、努力する価値のある事だと思います。

脱毛 徳島
ブライダルエステ 愛媛