チョコを食べても太らない?

次なる噂話は「チョコを食べても太らない」です。
本当だったら嬉しいですね。

甘いものが苦手な女性はまずいないでしょう。
チョコレートは甘いものの代表みたいなものですから、食べたら太ると思っている人の方が多いかもしれません。

ところがチョコレートに関しては、一日50グラム以下ならば食べても太らないのです。
つまり、チョコレートは一度に大量に食べ過ぎなければ太らないのです。

これはなぜでしょう?
それは、チョコレートの脂肪が良質なものだからです。

チョコレートはオレイン酸、ステアリン酸を主成分としていて、これらはオリーブオイルにも多く含まれている、非常に良質な脂肪です。

さて、ここで問題にしなければならないのはチョコレートの品質です。
たいていの安いチョコレートは、植物性脂肪を加工して使っています。
これらとカカオバター(良質な脂肪)を使ったチョコレートを比べると品質の差は歴然としています。

ではどうやって見分けたらいいのでしょうか?

最近のチョコレートはカカオの含有量を表示しているものがありますので、
70%以上のものを選べばまず大丈夫でしょう。
商品にカカオの含有量を表示する事で、品質の良さをアピールしているわけです。

パーセントが上がれば当然苦味が増してきますので、自分にあった味をみつけてください。
100%となると、かなり苦いので、大量に食べるのは無理です。

さて以上のことをまとめると、「カカオバターを多く含んだ良質のチョコレートを、一日に50グラム以下であれば、食べても太らない」と言えます。

脱毛 島根
脱毛 高知
ブライダルエステ 広島
ブライダルエステ 長崎