お茶を飲むだけで痩せる?

雑誌やインターネットなどでよく見かけるのが「簡単!飲むだけで痩せるお茶」といった広告です。
だからと言って、本当に「飲むだけで痩せる」のでしょうか?

確かにお茶にはカテキン・ポリフェノールなどの成分が含まれているので、
血液中の脂質を減少させる働きがあります。

カテキンは、コレステロールや中性脂肪を減少させ、血圧の上昇を抑えます。
ポリフェノールは脂質とくっつく性質があり、コレステロールや中性脂肪を排出しやすくします。

しかし、お茶自体で痩せるというよりも、痩せるための手伝いをしてくれるお茶と考えるとよいでしょう。

さてここで、話を元に戻して「飲むだけで痩せるお茶」についてみてみましょう。

一般的にこのような広告を出しているお茶は、下剤のような成分であることが多いです。
つまり便通を良くして、体の余分なものを取り除く効果を期待しているものです。

では、たくさんの便を出したからと言って痩せるのでしょうか?

いいえ、違いますね。
確かに体重は少し減るかもしれませんが、
下痢状の便を出すことにより脱水症状や栄養失調になってしまう危険もあります。

それなのに飲めば飲むほど痩せると勘違いして大量に飲むと、
身体に悪影響を及ぼすおそれもあります。

もし購入するのであれば、きちんと注意書きを読み、使用容量を守って飲むことが大切です。
痩せたい一心で飲みすぎたりしないよう注意してください。

また、「杜仲茶」にも痩せる効果の期待できる成分が含まれています。

「医食(薬食)同源」として口から入れる食物や薬物による身体づくりを根本に置いていた古代中国で、
杜仲は非常に高い評価を受け、健康維持に欠かせないものとして尊重されてきました。

元来中国では杜仲の樹皮を煎じて飲んでいましたが、
昭和50年代に長野県の農家の人たちが養蚕(桑畑)の代替として植えはじめ、
さらに毎年収穫できるようにと葉をお茶にしたのが「杜仲茶」の始まりです。

「杜仲茶」には、脂肪を燃焼させたり、血栓予防や動脈硬化予防の作用があると考えられています。

健康茶と一口に言ってもたくさんの種類がありますから、
味・成分・自分の体質などを考慮して、長く愛飲できるお茶を選びたいものです。

これは余談ですが、「お茶を大量に飲む事でおなかがふくれて食事の量が減る。その結果痩せる。」という説もあるようです。

脱毛 愛媛
脱毛 宮崎
ブライダルエステ 佐賀
ブライダルエステ 鹿児島